日仏歴史学会規約

第1条 本会は、日仏歴史学会(Société franco-japonaise des Sciences historiques)と称し、日仏会館に設ける。
第2条 本会は、同一の目的を有するフランスの諸機関との協力のもとに、日仏間の歴史学の交流を一層促進することを目的とする。
第3条 本会は、前条の目的を達するため、次の事業を行う。
イ 両国歴史研究者の相互派遣を促進すること
ロ 歴史学文献・史料の交換を組織的に遂行すると共に、両国歴史家間の意見の   交換を促進すること
ハ  日仏両国の歴史学関係のビブリオテークを、相互の協力のもとに充実整備する   こと
ニ 日仏両国の歴史学文献の紹介・翻訳を促進すること
ホ 日本におけるフランス史研究ならびにフランスにおける日本史・東洋史研究を   中心とする定例研究会を開くこと
ヘ 会報を発行すること
ト その他、本会の目的に適する事業
第4条 本会の事務局は、東京都渋谷区恵比寿3丁目9番地日仏会館内に置く。
第5条 本会は、次の会員より成る。
イ 通常会員、本会の活動に実際に参加する者
ロ 賛助会員、本会に対し、精神的又は物質的な支持を与える者
第6条 賛助会員は、本人の同意をえて理事会が推薦する。本会の目的に賛同する者は、通常会員となることを求めることができる。このためには、通常会員1名からの推薦を必要とし、且つ理事会の承認を経なければならない。 会員に重大な義務違反がある場合には、理事会の決定により除名することができる。その会員に異議があるときは、この決定は総会の承認を得なければならない。
第7条 会費は、次のように定める。
通常会員については   年額 2,000円
賛助会員については、
 個人の場合は、        5,000円
 法人の場合は、       30,000円
第8条 会長は、本会の事業を統率し、本会を代表する。副会長2名は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代行する。  会長・副会長は、理事会が理事の中から選挙する。
第9条 日仏会館館長を、本会の名誉会長とする。また本会には、若干名の顧問を置くことができる。
第10条 理事会は、総会が選挙する任期3年の若干名の理事をもって構成する。理事会は、本会の業務を執行する。そのため、理事会のもとに若干名の幹事から成る事務局を設ける。
第11条 総会が選挙する任期3年の監事1名を置く。監事は会計を監査する。
第12条 総会は、通常会員の全員をもって構成する。会員の3分の1以上が出席、又は代理されているときは、総会は有効に決議することができる。  総会は、3年に1回招集され、理事会の報告を受け、理事および監事を選挙し、また本会の活動について決議する。但し、必要な場合、理事会は臨時総会を招集することができる。
第13条 この定款は出席会員及び代理されている会員の3分の2の多数で、総会が変更することができる。

Copyright © 2010 日仏歴史学会